なるほどペースメーカー

心臓の基礎知識

心臓のつくりとはたらき

心臓のしくみについて

心臓は体全体に血液を送り出すためのポンプです。1分間に約60~80回、1日に10万回以上休むことなく拍動を繰り返して血液を全身に送り出しています。このポンプは握りこぶしくらいの大きさの筋肉でできていて、その重さは通常200~300グラムです。

心臓は4つの部屋からできており、右上の部屋を右心房、右下の部屋を右心室、左上の部屋を左心房、左下の部屋を左心室とそれぞれよんでいます。

心臓のしくみについて

血液の循環について

血液の循環について

全身をめぐって体の細胞に必要な酸素と栄養分を供給した血液は、まず大静脈から右心房に戻り、続いて右心房から右心室へ入ります。そして、右心室の収縮によりその血液は肺動脈を通って肺へと送り出されます。肺で酸素を取り込んだ血液は肺静脈より左心房に戻り、左心房から左心室へと送られ、左心室の収縮により大動脈を通って再び全身に送り出されます。

このように4つの部屋がリズミカルに拍動を繰り返すことにより心臓は効率的に血液を送り出すことができるのです。

『心臓の電気の流れ』へ

メニュー

  • 心臓の基礎知識
  • 不整脈について知ろう
  • ペースメーカーって?
  • ペースメーカーと日常生活
  • 関連リンクのご案内
  • 用語解説
一般の方向け情報
5分でわかるフクダ電子
バーチャル工場見学
フクダ電子の在宅医療
在宅医療とは
在宅療養中の皆さまへ
災害対策への取組み
健診センター
検査を受けられた方へ
なるほどペースメーカー
  • ボストンサイエンティフィックジャパン・MRI対応ペースメーカ交換(PC)
  • ボストンサイエンティフィックジャパン・MRI対応ペースメーカ交換(モバイル)
  • あなたにも救える突然死AEDとは
  • フクダ電子は東北楽天ゴールデンイーグルスオフィシャルスポンサーです
  • フクダ電子のWEB絵画写真展