フクダ電子株式会社 2020年新卒採用

STAFF

社員を知る

HOME > 社員を知る > 営業職(販社)

「営業職」を極めたい!
毎日楽しく自分の成長を
実感できています!

フクダ電子東京販売 株式会社
営業担当
2016年入社

現在担当している仕事はどのようなものですか

病院やクリニックといった医療機関を訪問し、機器の提案営業や納品、アフターサポートなどを行っています。現在の担当先約300施設のうち、9割くらいはクリニックです。私が在籍している東京販売では23区内を、2ヶ所の営業所に所属する約40名の営業担当者で分担しており、その中で私は台東区と墨田区を担当しています。1日の訪問施設数は10~12ヶ所くらいですね。担当先をいただいて2年目になり、道も覚えて時間的な余裕も出てきたので、既にお取引をいただいているお客様だけでなく、新規開拓にかけるウエイトも少しずつ上げているところです。

なぜこの会社に入社しようと思いましたか

フクダ電子の選考を受けたきっかけは、学校の先生から勧めていただいたことです。私は大学時代、消防士を目指して救急救命士資格取得の勉強をしていたので、元々はどちらかと言えば患者様を直接的に処置する立場をイメージしていましたし、私自身体を動かすことが好きなので、消防士という仕事は自分の性格にも合っている、とも思っていました。しかし、フクダ電子の面接が進んでいく中で、間接的ではあるものの、多くの患者様を助けることに繋がる仕事であると知り、大きな魅力を感じました。そのように思ってからはもう迷わず、一直線ですね。こうと決めたら脇目も振らず突き進む性格なので(笑)他の会社を1社も受けないまま内定をいただきましたが、即決でした。

印象的なエピソードはありますか

とあるクリニックで初めて新規のご契約をいただいた時のことは忘れられませんね。先生と色々なお話をさせていただく中で、私がいつも意識していたスピーディーな対応などが少しずつ評価していただけるようになり、最終的に「君からなら買うよ」と言っていただいた時は本当に嬉しかったです。フクダの機器が1台も入っていない施設でも、まずは伺ってお話ししてみようと思えるきっかけにもなりました。今ではそのクリニックの受付の方は私の事を下の名前で呼んで可愛がってくださいますし、「もし担当が替わったら取引終わっちゃうよ」などという冗談を言っていただけるのも、やはり営業としては嬉しいですよね。

ずばり、フクダ電子のココが魅力!

若い社員が多いというのもあるのでしょうが、担当者デビューして1年目は、実績をあげることよりも、担当先のお客様やエリアの特徴などを把握することに注力させていただけたので、そのような懐の深さは有難かったですし、大きな魅力だと思います。実際、新卒で入社してから、担当先をいただく前のOJTや製品知識習得の時期も含めて今日に至るまで、本当にじっくりと大切に育てていただいている実感があります。
また、日頃から営業担当者同士で盛んにアドバイスし合っていて、共に高め合っていく雰囲気があるのもすごく良いところですね。環境には恵まれているなと感じます。先輩社員の仕事ぶりを見ていると「そんなところにまで目がいくのか」と驚かされる場面が今でも多々ありますし、自分が日々成長できているという実感があるので楽しいです!

今後挑戦したいこと、目標はありますか

目標は、フクダ電子東京販売が優秀販売会社として表彰され、私自身も成績優秀者として表彰されること。ダブル受賞です!そのためにも若手である私がどんどんレベルアップして全体のレベルを押し上げていく必要があると思っています。とにかく営業職というものを極めたいということ、今はそれだけですね。
一方で大切にしていることは「誠実であること」。私は営業として、お客様と、お客様の施設に来る患者様にとってより良い環境を提供することが1番だと思っているので、自分の実績になる、ならない以前に、お客様にとって必要だと思うものは信念を持ってセールスしますし、必要ないと思うものはセールスしません。医療機器のプロとしてお客様とお話させていただいているので当然のことですけどね。あくまで同じ目標に向かっているという、良い意味で「対等」な立場で提案をしていくことができなければ、それはお客様に対して失礼だと思います。

皆さんへのメッセージ

自由な時間が多いと思うので、なるべく幅広く様々な会社を見て、それぞれの雰囲気の違いなどを感じ取っていくことが大事かなと思います。やりがいをもって働ける環境か、成長できる環境かなど、自分の目で見極めた上で入社する会社を選んで欲しいです。はい、1社しか受けなかった私が言っても説得力がありませんね(笑)私はフクダ電子に入って良かったと心から思えているので、運が良かったと思います。

とある1日のスケジュール

8:30出社
9:00朝礼
9:10メールチェック・当日の訪問準備
10:00営業・納品のため施設訪問
13:00昼食
14:00営業・納品のため施設訪問
16:00新製品の使用方法プレゼンのため施設訪問
18:00帰社・翌日の訪問準備
19:30退社

休日の過ごし方は

学生時代に野球をしていたこともあり、今でも休日は地元の草野球チームでプレーしています。やはり好きなことをしている時間は楽しいですね!とは言え基本的には妻と過ごす時間が長いです。先日家も買いましたし、益々頑張らなくては!休日はしっかり確保できるのでプライベートも充実させられる。メリハリのある生活を送ることができていると思います。

社員を知る