フクダ電子株式会社 2020年新卒採用

STAFF

社員を知る

HOME > 社員を知る > 開発職3

人の命に直結する
仕事だから、
努力し続ける責任がある

フクダ電子 株式会社
開発担当
2018年入社

現在担当している仕事はどのようなものですか

高機能な、次世代の心電計の開発を行っています。私の担当はハード(電気)設計ですが、ソフト、機構の担当者も一緒に、1つのチームとして開発にあたります。入社1年目ということもあり、まだまだわからないことの方が多いのですが、そんな私がミーティングなどで発した意見にも、みんな絶対に耳を傾けてくれます。チームの一員であることを実感しながら働ける雰囲気なので本当にありがたいですね。

なぜこの会社に入社しようと思いましたか

就職活動を始める前から医療業界には関心を持っていました。学生時代に医療事務のアルバイトをしていて、微力ではあるものの患者様を助けるということにやりがいを感じていたので、学校で勉強してきた知識も活かし、将来は医療機器の開発がしたいと自然に思うようになりましたね。

医療機器メーカーを中心に就職活動を進めていく中で、フクダ電子については、1人の開発者が1つの製品の幅広い開発フェーズに携わることが出来るという点に大きな魅力を感じました。様々な価値観があると思いますが、私としては、開発者として関わることの出来る範囲が、例えば「この製品この部品のみ」とかではあまり面白くないかなと。あとは医療機器専門メーカーなので、医療以外の分野に回る可能性がないということも決め手になりましたね。会社の規模などよりも、自分の中でのやりがいを何よりも重視した結果がフクダ電子でした。

印象的なエピソードはありますか

新人研修の一環である1ヶ月間の販売会社研修がとても印象に残っています。もちろん実際に自分で営業をするわけではありませんが、販売会社の営業担当者に同行して顧客先を回らせていただきました。今後自分が開発することになる製品が現場で使われている様子を見て、自分の仕事が生半可な気持ちで取り組むことが許されないものであることを改めて実感しましたね。患者様の命に直結する仕事であるからこそ、日々の業務にこだわりを持って臨む必要があるなと、身が引き締まりました。

もう1つ挙げるとすれば、初めて環境試験に立ち会った時のことも印象的でした。試作した機器があらゆる環境変化にも耐えうるものかどうか、白井事業所構内の安全性試験センターで試験を行い確認するのですが、研究室時代と違い、「モノづくり」に携わっているということを肌で感じることが出来ましたね。

ずばり、フクダ電子のココが魅力!

自己啓発へのサポートが手厚いところはすごく魅力的です。学会への参加は基本的に推奨してくれていますし、BMCという大学主催の1年間の研修プログラムにも会社の費用負担で参加することなどもできます。今年は残念ながら社内選考に通らず別の先輩が参加されるのですが、来年も是非チャレンジしたいと思っています。

それから、休日が多いのもプライベートを充実させやすいという意味で魅力だと思います。年間休日が130日近い会社って、他ではあまり見ないですよね。

今後挑戦したいこと、目標はありますか

「新しい心電計」を作り続けることです。販売会社研修では、営業担当者が先生方から製品に関する様々なご意見をいただく場面を多く目にしました。患者様はもちろんですが、使用する先生方のことも助ける製品を世に出していくことが私たちの使命だと思っています。現状に満足せず、製品を常に新しいものに進化させ続けることが、私たちがすべき努力にあたるのではないかと解釈しています。

皆さんへのメッセージ

自分がその会社に入社をした場合にどんなことが出来るのか。どれだけの仕事を任せてもらえるのか。会社の規模などだけではなく、そのような部分を重視して会社を選ぶことで、入社後に楽しい日々を送ることが出来るのではないかと思います。仕事は辛くて大変なものだと当たり前の様に言われていますが、そんなことはない。自分がやりたいことに対して正直に向き合い、そのやりたいことを基準に会社を選べば、仕事は絶対に楽しいものだと私は思っているので、そのことを1番伝えたいです。

とある1日のスケジュール

8:30出社
9:00朝礼
9:10前日の実験のまとめ・次回の実験の準備
11:50昼食
12:50課内打ち合わせ
14:00実験
19:00退社

休日の過ごし方は

同期や大学時代のサークルの友人と飲みに行くことが多いです。特に同期とは非常に仲が良いので休日でもよく会っていますよ。先日もみんなで一緒にスポッチャに行きました(笑)プライベートだけでなく業務上でも助け合っているので、いい仲間に恵まれたと感じますね。とは言え遊んでいるばかりでもなく、ME2種の試験前などは勉強もしていました。新しい知識を身に付ければ当然自分の業務の幅も広がるので、勉強も楽しいです。

社員を知る