文字サイズ
検索
検索

Fisher&Paykel SleepStyle Auto

機器をご使用いただくにあたり

  • 1.本体とACアダプタを接続します。電源コードをコンセントに繋ぐと自動的に電源が入ります。
    ※安全の為、装置は必ず頭の位置よりも下の安定した場所に設置してください。
  • 2.呼吸チューブを接続します。加温チューブをご使用の場合は、加温チューブのコネクタと装置のコネクタを合わせ、「カチッ」と音がするまで差し込みます。
    ※チューブの破損を防ぐため、加温チューブの向きを変える際は装置とチューブの接続部から回してください。
  • 3.水タンクを本装置から取り出し、水タンクに水を入れ、装置の内部に接続します。
  • 4.チューブとマスクを接続し、マスクを装着します。機器正面にあるスタート/ストップボタンを押して、治療を開始します。
  • 5.本体や付属品のお手入れは定期的に行ってください。お手入れ方法の詳細については必ず取扱説明書をご確認ください。

※USBの挿入・取出し方法
装置背面の下部分のUSB挿入口より挿入・取出しが行えます。
詳しくは動画よりご確認いただけます。

便利な機能・オプション設定

(※)医師の設定により、表示されない場合があります。

ランプ

「ランプ」とは、設定された圧力よりも低い圧で治療を開始し、徐々に圧力を上げる機能です。
設定された圧力まで徐々に圧力を上昇させます。この機能により毎晩の治療を楽に開始できます。

加湿レベル

治療中の加湿レベルを選択します。加湿は1~7から加湿レベルをご選択いただけます。乾燥が気になる場合は
加湿レベルを上げてください。
※加温加湿機能を使用する場合、ウォーターチャンバーを水で満たし加湿レベルを1以上に設定してください

SensAwake

「SenseAwake」機能では治療中の中途覚醒を本体で感知し、中途覚醒が起こった際に自動で圧力を減少させることで再入眠を促すことが出来ます。この機能により快適に治療を続けられます。

(※)医師の設定により、表示されない場合があります。

呼気リリーフ

「呼気リリーフ」は、息を吐きだす際に圧力を弱めることで息をし易くする機能です。●の数が多いほど圧力を弱めることが出来ます。この機能により治療に慣れやすくなります。

(※)医師の設定により、表示されない場合があります。

マイデータ

画面上で前夜、過去7日間、過去30日間の治療時間、リーク、AHIの治療データを表示します。
過去7日間、過去30日間のデータはそれぞれの治療データの平均が表示されます。
※AHI=1時間当たりの無呼吸・低呼吸の回数

(※)医師の設定により、表示されない場合があります。

加温機能・加湿機能

本体内蔵の水チャンバーと付属の加温チューブを使用することで、治療時に加温加湿した空気が出力されます。

故障かな?と思った場合は

機器が正しい作動をしなかったり、不具合がある場合にはまず本体付属の取扱説明書に記載の「トラブルシューティング」をご参照ください。それでも事象が改善しない場合は、最寄りの営業所までお問い合わせください。(営業所一覧はこちら



医療機器認証番号:229AABZX00080000
販売名:F&P SleepStyle オート

お問い合わせ お問い合わせ閉じる
メニュー メニュー閉じる
ページの先頭へ

お電話でのお問い合わせ

電話アイコン0120-07-9880

月~金 9:00~18:00(祝祭日、休日を除く)

上記受付時間以外、緊急時24時間電話対応

電話をかける
お問い合わせ閉じる