文字サイズ
検索
検索

鼻腔タイプ

鼻腔タイプのマスクは、鼻腔にクッションを挿しこんだり、クッションを当てて空気を送るタイプのマスクです。接着面が少ないため、違和感が少ないなどの利点があります。
一方、接着面が少ない分、就寝中の体制などによってマスクがずれる場合があります。そのような場合は、一度装着方法をご確認いただいたり、医療機関へご相談ください。

基本的なマスクの装着方法

マスクのメーカーや機種により形状や装着方法などが異なりますので
お使いになるマスクの取扱説明書を必ずご確認ください。

  • 1.ピローを鼻孔にしっかりと合わせて軽く抑えます。
  • 2.ヘッドギアをかぶり、ヘッドギア上部のストラップを快適な位置になるまで調節してください。
  • 3.耳の後ろにあるヘッドギアのバックストラップも同様に、快適な位置になるまで調節してください。
    この時、両方のストラップの長さが均等になっていることを確認してください。
  • 4.顔の頬にあたるストラップを上下に調節し、ピローが鼻孔に密着するように位置を
    調節し無理なく装着できることを確認してください。締め付けが緩いとマスクと顔の接触面からの空気漏れや、マスク外れの原因になります。
    また、締め付けすぎると痛みを感じたり、顔との接触面が赤くなることがございますので注意してください。
  • 5.顔を左右上下に動かしたり、寝た状態で色々な位置に動かしてみます。
    この時に、マスクが顔にしっかりとフィットしていることを確認してください。
    もしもマスクがずれるなどした場合は、もう一度ストラップを調節してください。
  • 6.マスクが装着出来たら、エアチューブを接続し、運転を開始し送られてくる空気がマスクと顔の間から漏れなければ、上手く装着できています。
    ※多少の漏れは問題ございません。
お問い合わせ お問い合わせ閉じる
メニュー メニュー閉じる
ページの先頭へ

お電話でのお問い合わせ

電話アイコン0120-07-9880

月~金 9:00~18:00(祝祭日、休日を除く)

上記受付時間以外、緊急時24時間電話対応

電話をかける
お問い合わせ閉じる