文字サイズ
検索
検索

国産初の熱ペン直記式心電計

国産初の熱ペン直記式心電計

フクダ医療電機株式会社(代表取締役・福田統治)と合併
社名を「フクダ電子株式会社」と変更

フクダ医療電機株式会社(代表取締役・福田統治)と合併 社名を「フクダ電子株式会社」と変更

シーメンス社製医用電子機器全般の国内独占販売権を取得

シーメンス社製医用電子機器全般の国内独占販売権を取得

国産初の本格的なLANによる生体情報モニタ

国産初の本格的なLANによる生体情報モニタ

「財団法人(現・公益財団法人)福田記念医療技術振興財団」を設立

「財団法人(現・公益財団法人)福田記念医療技術振興財団」を設立

酸素濃縮器を自社にて開発、販売を開始

酸素濃縮器を自社にて開発、販売を開始

血圧脈波検査装置を自社にて開発、販売を開始

血圧脈波検査装置を自社にて開発、販売を開始

フクダ電子アリーナ

フクダ電子アリーナ

沿革

歴史

創業から終戦まで
1939(昭和14年)~

1939年、フクダ電子の前身となる福田特殊医療電気製作所を創業し、国産第1号となる心電計を開発。誠実な対応が顧客の信頼を集め、現代の発展につながる礎を築いた。

  • 福田エレクトロ製作(株)外観 福田エレクトロ製作(株)外観

    福田エレクトロ製作(株)外観

  • 当時の広告 当時の広告

    当時の広告

この年の製品

現存する最古の心電計 現存する最古の心電計
現存する最古の心電計

一要素撮影式心電計直流電源(6V蓄電池と45V乾電池)を使用。

営業拠点の全国展開
1953(昭和28年)~

交流電源心電計や熱ペン直記式心電計が全国で売れ行き好調に。アフターサービス体制の構築が急務となり、1953年以降、全国の主要都市に営業拠点を展開。

  • 福田エレクトロ総販売(株)
                広島営業所 福田エレクトロ総販売(株)
                広島営業所

    福田エレクトロ総販売(株)
    広島営業所

  • 福田キャッチフレーズを
                掲げた看板 福田キャッチフレーズを
                掲げた看板

    キャッチフレーズを
    掲げた看板

  • 現在のフクダ電子南関東販売フクダライフテック常葉 現在のフクダ電子南関東販売フクダライフテック常葉

    現在のフクダ電子南関東販売
    フクダライフテック常葉

この年の製品

心電図自動解析装置 FCP-30 心電図自動解析装置 FCP-30
心電図自動解析装置FCP-30

心電計に大きな変革をもたらした国産初のマイコン式心電図自動解析機能付心電計。

ホルタ記録器 SM-24 ホルタ記録器 SM-24
ホルタ記録器SM-24

国産初のカセットテープを使用した24時間連続記録可能な長時間心電図記録装置。

生体情報モニタ DS-3300 生体情報モニタ DS-3300
生体情報モニタDS-3300

ベッドサイドモニタ/セントラルモニタどちらにも使用でき、操作は快適でやさしいタッチスクリーンを採用したシステムモニタ。

在宅医療事業
1992(平成4年)~

1992年、在宅酸素を扱う体制を構築。1995年には在宅酸素療法のサポートを専門とするライフテック販社19社を設立し、在宅医療事業の先陣を切った。

  • 酸素濃縮装置エアウォークウィズAW-110 酸素濃縮装置エアウォークウィズAW-110

    酸素濃縮装置エアウォークウィズAW-110

  • フクダライフテック拠点 フクダライフテック拠点

    フクダライフテック拠点

この年の製品

血圧脈波検査装置VS-1000 血圧脈波検査装置VS-1000
血圧脈波検査装置VS-1000

脈波伝播速度(PVW)をさらに進化させ、血圧依存性の問題を解決したCAVI値を確立。

酸素濃縮装置FH-02(膜式) 酸素濃縮装置FH-02(膜式)
酸素濃縮装置FH-02(膜式)

膜式と呼ばれるタイプで気体の透過差異を利用し、空気中の酸素を濃縮して、酸素濃度40%の濃縮酸素を生成した。

心電計(解析付)FCP-3610 心電計(解析付)FCP-3610
心電計(解析付)FCP-3610

マイコン心電計による小型化の技術を活かし、145mmの記録紙対応、バッテリ標準搭載でA4サイズを実現した高機能機。

AEDの普及
2004(平成16年)~

2004年、一般市民にもAEDの使用が認可。AED本体の販売はもとより、全国の販売会社の主催によるAED講習会の実施など、積極的な普及活動を推進。

  • AED講習会「PUSHコース」の様子 AED講習会「PUSHコース」の様子

    AED講習会
    「PUSHコース」の様子

  • フクダ電子アリーナに設置されたAED フクダ電子アリーナに設置されたAED

    フクダ電子アリーナに
    設置されたAED

  • 楽天生命パーク宮城に設置されたAED楽天生命パーク宮城に設置されたAED

    楽天生命パーク宮城に設置
    されたAED

この年の製品

AED(自動体外式除細動器)AED(自動体外式除細動器)
AED(自動体外式除細動器)

フクダ電子はAEDが普及した、2004年(平成16年)当初より販売を開始。一般市民への重要な救命手段として、今日まで幅広く認知されている。

超音波画像診断装置 UF-870AG 超音波画像診断装置 UF-870AG
超音波画像診断装置UF-870AG

ノイズを極限まで抑えたクリアな画像、コンパクトボディと扱いやすいシステム。

スポーツ振興への取り組み
2005(平成17年)~

フクダ電子は、スポーツ事業への協賛、競技場のネーミングライツ取得等を通じて、地域の皆様と共に健康であることの喜びを分かち合う機会を広げている。

  • フクダ電子アリーナ「千葉市蘇我競技場」のネーミングライツ フクダ電子アリーナ「千葉市蘇我競技場」のネーミングライツ

    フクダ電子アリーナ
    「千葉市蘇我競技場」の
    ネーミングライツ

  • 東北楽天ゴールデンイーグルス<br>のオフィシャルトップスポンサー 東北楽天ゴールデンイーグルス<br>のオフィシャルトップスポンサー

    東北楽天ゴールデンイーグルス
    のオフィシャルトップスポンサー

  • 千葉ロッテマリーンズのオフィシャルスポンサー 千葉ロッテマリーンズのオフィシャルスポンサー

    千葉ロッテマリーンズの
    オフィシャルスポンサー

この年の製品

ベッドサイドモニタ DS-8500システムベッドサイドモニタ DS-8500システム
ベッドサイドモニタDS-8500システム

大型19インチカラー液晶ディスプレイ搭載可能。ディスプレイ、インプットボックス、レコーダを分割・設置可能とした。

血圧脈波検査装置VS-1500Aシリーズ血圧脈波検査装置VS-1500Aシリーズ
血圧脈波検査装置VS-1500Aシリーズ

生活習慣病やメタボリックシンドロームに関わる動脈硬化スクリーニングに優れた信頼性を発揮。

酸素濃縮装置 FH-100/5L酸素濃縮装置 FH-100/5L
酸素濃縮装置FH-100/5L

業界トップクラスの軽量・コンパクトサイズを実現すると共に通信機能を用いることで遠隔地から生体情報・機器使用情報の確認も可能。

パノラマ心電計 FCP-8453パノラマ心電計 FCP-8453
パノラマ心電計FCP-8453

波形から読み取る心電計診断の常識を打ち破る新機能を搭載。心臓をビジュアル化し、その鼓動まで表現。

創業80周年に向けて
2018(平成30年)~

地域医療の変化や在宅医療、超高齢化社会などへの対応を進め、医療機器専門メーカーとしての認知拡大を目指して、これからもチャレンジは続いていく。

  • フクダ電子ファインテック仙台(株) フクダ電子ファインテック仙台(株)

    フクダ電子ファインテック仙台(株)

  • 本郷新館 本郷新館

    本郷新館

この年の製品

汎用人工呼吸器 SERVO-air 汎用人工呼吸器 SERVO-air
汎用人工呼吸器SERVO-air

院内のあらゆる場面で質の高い換気療法を提供。

心電図検査装置 FCP-8700 心電図検査装置 FCP-8700
心電図検査装置FCP-8700

ノイズの少ない心電図を自動で選び出し、解析するオートキャプチャ機能搭載。

沿革

写真クリックすると、写真が表示されます。

1930~
  • 1939年(昭和14年)
  • 「福田特殊医療電気製作所」として創業。
1940~
  • 1948年(昭和23年)
  • 株式会社福田電機製作所設立。
  • 1949年(昭和24年)
  • 波形観察用回転鏡(PAT)の付いた心電計。同年、交流心電計。
1950~
  • 1950年(昭和25年)
  • 福田エレクトロ製作株式会社へ社名変更。
  • 1951年(昭和26年)
  • 国産初の直記式心電計を開発。感熱紙に熱ペンで記録する。(国産の感熱紙がなく、輸入した感熱紙を使用)
  • 写真
  • 1957年(昭和32年)
  • ブラウン管を使ったベクトル心電計を開発。
1960~
  • 1968年(昭和43年)
  • オールトランジスタの心電計。入力インピーダンスの高いFET(電界効果トランジスタ)の出現による。
  • 1969年(昭和44年)
  • フクダ電子株式会社発足。
  • 写真
1970~
  • 1973年(昭和48年)
  • 千葉県白井市に工場建設。
  • 1977年(昭和52年)
  • 心電図の自動解析を行うシステムを国内で初めて開発し、翌1978年にマイコン式心電図自動解析付心電計として販売開始。
1980~
  • 1982年(昭和57年)
  • アイソレーション心電計の開発に成功。身体と電気的に接続されていない心電計。(一度、光などに変換して信号を送受信する)
  • 1983年(昭和58年)
  • ファクシミリなどと同じサーマルアレー方式のサーマルレコーダを内蔵した心電計を開発。
  • 1986年(昭和61年)
  • サーマルレコーダと液晶を内蔵し、液晶に波形を3・4秒程表示出来る心電計を開発。
1990~
  • 1990年(平成2年)
  • 50周年記念事業として「財団法人(現・公益財団法人)福田記念医療技術振興財団」を設立。
  • 写真
  • 1994年(平成6年)
  • 販売会社「フクダライフテック」の全国展開を開始。在宅医療用酸素濃縮器を専門にレンタル・販売・保守を行う。
2000~
  • 2002年(平成14年)
  • 血圧脈波検査装置を自社にて開発、販売を開始。
  • 写真
  • 2004年(平成16年)
  • 株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパンと生体情報モニタおよび除細動器の販売提携。
  • 2005年(平成17年)
  • 千葉市蘇我球技場の命名権(ネーミングライツ)を取得「フクダ電子アリーナ」。
  • 写真
  • 2008年(平成20年)
  • 安全性試験センターを白井事業所に建設。
  • 2009年(平成21年)
  • JAXAが「きぼう」日本実験棟で行う宇宙臨床学研究機関器として当社のデジタルホルタ記録器が活躍。
2010~
  • 2011年(平成23年)
  • 血圧脈波検査装置VaSera(バセラ)が第9回産学官連携功労者表彰(厚生労働大臣賞)を受賞。
  • 2012年(平成24年)
  • 福田孝太郎(前代表取締役社長)が代表取締役会長に就任。白井大治郎(前常務取締役)が代表取締役社長に就任。
  • 2012年(平成24年)
  • フクダ電子ファインテック仙台株式会社操業開始。
  • 2014年(平成26年)
  • 創業75周年記念フクダ電子メディカルフェアを全国6カ所(九州、東京、北海道、名古屋、大阪、東北)にて開催。
  • 2016年(平成28年)
  • オムロン ヘルスケアと提携。相互に製品を供給・販売するほか、共同開発も検討。オムロン コーリンを譲り受け、完全子会社化。
  • 2017年(平成29年)
  • オムロン コーリンをフクダコーリンへ商号変更。
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話アイコン0120-07-9880

月~金 9:00~18:00(祝祭日、休日を除く)

上記受付時間以外、緊急時24時間電話対応

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォームボタン
お問い合わせ お問い合わせ閉じる
メニュー メニュー閉じる
ページの先頭へ

お電話でのお問い合わせ

電話アイコン0120-07-9880

月~金 9:00~18:00(祝祭日、休日を除く)

上記受付時間以外、緊急時24時間電話対応

電話をかける
お問い合わせフォームへ
お問い合わせ閉じる