文字サイズ
検索
検索

不整脈について知ろう

不整脈とは?

不整脈とは、心臓の刺激伝導系に異常が生じることにより、脈が速くなったり遅くなったり、不規則になったりなど、脈がみだれる状態をいいます。

自然のペースメーカーである心臓の洞結節で電気刺激が規則正しく発生して刺激伝導系を正しく伝わっていれば、心臓は1分間に約60~80回のリズミカルな収縮を繰り返します。

ところが、洞結節以外の部分で異常な電気刺激が発生したり、電気刺激が刺激伝導系をうまく伝わらなかったりすると、心臓が収縮する速さやリズムに乱れが生じ、その結果脈がみだれます。この脈のみだれが不整脈です。

原因は、先天的なものや加齢によるもの、生活習慣からくるもの、全身の病気、心臓の病気など様々です。症状としては胸が苦しい、動悸がする、脈がとぶといったものが挙げられます。

多くの場合治療の必要はありませんが、中には失神・突然死につながるものもあります。

不整脈は、脈が正常範囲を超えて非常に遅くなる「徐脈性不整脈」と反対に非常に速くなる「頻脈性不整脈」の二つに大きく分けられます。ペースメーカーはこのうち「徐脈性不整脈」を治療するためのものです。

メニュー

ペースメーカーの電池交換のタイミングで

MRI対応システムに変更できる可能性があります。

詳しくはボストン・サイエンティフィック ウェブサイトへ

お問い合わせ お問い合わせ閉じる
メニュー メニュー閉じる
ページの先頭へ

お電話でのお問い合わせ

電話アイコン0120-07-9980

月~金 9:00~18:00(祝祭日、休日を除く)

上記受付時間以外、緊急時24時間電話対応

電話をかける
お問い合わせ閉じる