文字サイズ
検索
検索

フクダグループとSDGs

ー人々の健康と医療への貢献を目指してー

フクダグループの使命と社会への想い

フクダグループは「社会的使命に徹し、ME機器の開発を通じて、医学の進歩に寄与する」という経営理念のもと
1931年の創業以来、
国産のME(Medical Engineering)機器の製造・開発を通じて
日本の医療・社会に貢献してきました。
多くの方が健康で笑顔で活躍できる社会を目指し、
検査技術の向上を始め、療養者宅と医療機関を繋ぐ
システムソリューションの開発など、
医療の未来にチャレンジし続けることを使命としています。

  • 1: 貧困をなくそう
  • 2: 飢餓をゼロに
  • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 4: 質の高い教育をみんなに
  • 5: ジェンダー平等を実現しよう
  • 6: 安全な水とトイレをみんなに
  • 7: エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 8: 働きがいも経済成長も
  • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10: 人や国の不平等をなくそう
  • 11: 住み続けられるまちづくりを
  • 12: つくる責任つかう責任
  • 13: 気候変動に具体的な対策を
  • 14: 海の豊かさを守ろう
  • 15: 陸の豊かさも守ろう
  • 16: 平和と公正をすべての人に
  • 17: パートナーシップで目標を達成しよう
  • ロゴ

持続可能な開発目標(SDGs)は、
2015年の国連サミットで採択された、
2030年までに「持続可能でよりよい世界を目指す」ための
17個の国際目標です。
フクダグループは、
医療・人々の健康・地域社会への貢献を通じ、
SDGsが目指す世界の実現に向けて、取り組んでいきます。

フクダグループのSDGsへの取り組み
医療 MEDICAL
  • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 4: 質の高い教育をみんなに
  • 12: つくる責任つかう責任

フクダグループは、ME機器の開発を通じ、
日本社会が抱える医療課題の解決に
貢献します。

健康 HEALTH
  • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 4: 質の高い教育をみんなに
  • 11: 住み続けられるまちづくりを

フクダグループは、スポーツを通じて、
市民の皆様の健康維持・健康促進を
応援していきます。

地域/従業員 COMMUNITY / EMPOLYEE
  • 5: ジェンダー平等を実現しよう
  • 8: 働きがいも経済成長も
  • 11: 住み続けられるまちづくりを

フクダグループは、企業市民の一員として、
地域の皆様・従業員の豊かな生活に
寄与していきます。

医療 MEDICAL
  • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 4: 質の高い教育をみんなに
  • 12: つくる責任つかう責任

フクダグループは、
ME機器の開発を通じ、
日本社会が抱える
医療課題の解決に貢献します。

詳細を見る
医療への貢献MEDICAL
ME機器講習会・各種学術セミナーの開催

フクダグループでは、心電図や超音波講習会、人工呼吸器のメンテナンス講座などを全国で開催。製品の製造・販売にとどまらず、医療現場の皆様が当社の製品をより安全・安心にお使いいただくための取り組みを続けています。

  • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 4: 質の高い教育をみんなに
  • 12: つくる責任つかう責任
ME機器講習会・セミナーの開催
福田記念医療技術振興財団の設立と研究助成

当財団は、故福田孝がフクダグループ創業50周年記念事業の一環として設立しました。MEを利用した医療技術研究の助成・振興と国際交流を支援し、医療技術の向上、医療福祉の進歩に貢献するための取り組みを行っております。

  • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 4: 質の高い教育をみんなに
福田記念医療技術振興財団の設立と研究助成
医療機器製造に関する特許

フクダグループでは、ME機器の開発に取り組む中で数多くの特許を取得し、現在でも1,000件を超える特許を保有しております。当社は医療機器やシステムソリューションの開発を通じ、これからも日本の医療に貢献していきます。

  • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 4: 質の高い教育をみんなに
医療機器製造に関する特許
各種学術集会・学会への協力

フクダグループでは全国で開催される様々な学術集会に年間50件以上の協賛を行っております。各学会の学術集会への協賛を通じて、日本の医療発展に寄与していきます。

  • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 4: 質の高い教育をみんなに
各種学術集会・学会への協力
健康 HEALTH
  • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 4: 質の高い教育をみんなに
  • 11: 住み続けられるまちづくりを

フクダグループは、
スポーツを通じて、市民の皆様の
健康維持・健康促進を
応援していきます。

詳細を見る
健康への貢献HEALTH
AED(自動体外式除細動器)の普及

AEDとは、突然の心停止(心臓突然死)から命を救うため、痙攣を起こした心臓に電気ショックを与える装置です。フクダグループでは、一般市民のAED使用が認められた2004年7月1日以来、医療機関や様々な公共機関等でのAED普及に取り組んでいます。

  • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 12: つくる責任つかう責任
AED(自動体外式除細動器)の普及
PUSHプロジェクト

「心臓マッサージだけ」の誰でもできる心肺蘇生の普及を通じて、突然倒れた方を救命できる社会づくりを目指すプロジェクトです。AEDの普及だけでなく、心肺蘇生を行うことのできる人を増やし、さらなる救命率の向上を図る目的で活動しています。

  • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 11: 住み続けられるまちづくりを
PUSHプロジェクト
「健康ハートの日」での啓発活動

(公益財団法人)日本心臓財団が、心臓病に関する正しい知識を啓発する目的で始まった8月10日の「健康ハートの日」。フクダグループは、心電計のパイオニア企業として1985年から協力を続け、イベント会場でのAED体験や、血管年齢測定コーナーの実施など、市民の皆様の健康促進に向けた啓発に力を入れています。

  • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 4: 質の高い教育をみんなに
  • 12: つくる責任つかう責任
「健康ハートの日」での啓発活動
読売巨人軍社会貢献プロジェクト
G handsへの協賛

読売巨人軍の社会貢献プロジェクト【G hands(ジーハンズ)】。
"ふれあい"をキーワードに、被災地や障がいを持たれた方、難病と戦う方への支援の輪を広げる活動を行うプロジェクトです。当プロジェクトの趣旨に、フクダグループも賛同し、2015年より協賛を続けています。

  • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 16: 平和と公正をすべての人に
  • 17: パートナーシップで目標を達成しよう
読売巨人軍社会貢献プロジェクト G handsへの協賛
地域/従業員 COMMNUNITY / EMPOLYEE
  • 5: ジェンダー平等を実現しよう
  • 8: 働きがいも経済成長も
  • 11: 住み続けられるまちづくりを

フクダグループは、
企業市民の一員として、
地域の皆様・従業員の
豊かな生活に寄与していきます。

詳細を見る
地域/従業員への取り組みCOMMUNITY / EMPLOYEE
全国での医療機器サポート体制

病院やクリニックにおけるME機器の保守点検をはじめ、療養者がご自宅で安心して在宅用医療機器をお使いいただけるよう、フクダグループでは全国220ヶ所以上の拠点で医療機器の運用をサポート。地域医療と密接な関係を構築し、様々な医療サービスを展開しております。

  • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 12: つくる責任つかう責任
千葉市蘇我スポーツ公園での取り組み
千葉市蘇我スポーツ公園での取り組み

「千葉市蘇我スポーツ公園」は、千葉市が掲げる「市民の健康づくり、スポーツ振興に寄与する緑豊かなスポーツの森」という方針のもと、整備が進められ、フクダグループはこの理念に強く賛同し、その中心施設である「フクダ電子アリーナ」のネーミングライツを2005年に取得。今後もスポーツの振興と人々の健康促進を応援してまいります。

  • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 11: 住み続けられるまちづくりを
千葉市蘇我スポーツ公園での取り組み
災害時在宅療養者の安全を守る取り組み

フクダグループでは、災害時に"療養者の安否状況確認"をリアルタイムで行う災害時業務支援システム「フクダレスキューウェブ」を全国で展開。災害時には、当社の災害対策チームが、療養者への迅速な安否確認を行うとともに、緊急用の在宅酸素ボンベを迅速に被災地へ供給するなど、災害時にも療養者の皆様が在宅医療を継続できるよう努めています。

  • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 12: つくる責任つかう責任
災害時在宅療養者の安全を守る取り組み
働きがい改革

フクダグループでは在宅勤務を始め、時差勤務、時短勤務など多様な働き方を認め合う取り組みが始まっています。2019年に「会社の成長と社員の幸せの両立」の実現を目指し、若手社員を中心とした「ワークスタイル・イノベーション・プロジェクト」が発足。フクダグループで働く誰もが活躍できる職場づくりを目指した取り組みを進めています。

  • 5: ジェンダー平等を実現しよう
  • 8: 働きがいも経済成長も
  • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10: 人や国の不平等をなくそう
  • 16: 平和と公正をすべての人に
働きがい改革
東北地方における2011年以降の取り組み

2011年6月以降、延べ378名の社員がボランティアとして現地に訪問。
翌年には、地域復興の願いも込めた新たな産業基盤として、新工場のフクダ電子ファインテック仙台を設立しました。また東北復興の象徴となる「東北楽天ゴールデンイーグルス」のオフィシャルスポンサーとして、2009年から現在までチームの活躍をサポートしております。

  • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 8: 働きがいも経済成長も
  • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11: 住み続けられるまちづくりを
  • 12: つくる責任つかう責任
東北地方における2011年以降の取り組み
ドクターヘリ着陸場所の提供

千葉県白井市にある白井事業所では、緊急搬送時に構内への救急車、消防車の進入やドクターヘリの着陸場所として、白井事業所内のグラウンドを提供。地域の救急医療に協力する体制を整えています。

  • 3: すべての人に健康と福祉を
ドクターヘリランデブーポイントの提供
フクダグループは、
世界が目指すSDGsの理念に賛同し、
医療機器・医療テクノロジーの開発を通じて、
より良い社会の実現に貢献していきます。
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話アイコン0120-07-9880

月~金 9:00~18:00(祝祭日、休日を除く)

上記受付時間以外、緊急時24時間電話対応

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォームボタン