文字サイズ
検索
検索

心臓の基礎知識

心臓のつくりとはたらき

心臓のしくみについて

心臓は体全体に血液を送り出すためのポンプです。1分間に約60~80回、1日に10万回以上休むことなく拍動を繰り返して血液を全身に送り出しています。このポンプは握りこぶしくらいの大きさの筋肉でできていて、その重さは通常200~300グラムです。

心臓は4つの部屋からできており、右上の部屋を右心房、右下の部屋を右心室、左上の部屋を左心房、左下の部屋を左心室とそれぞれよんでいます。

血液の循環について

全身をめぐって体の細胞に必要な酸素と栄養分を供給した血液は、まず大静脈から右心房に戻り、続いて右心房から右心室へ入ります。そして、右心室の収縮によりその血液は肺動脈を通って肺へと送り出されます。肺で酸素を取り込んだ血液は肺静脈より左心房に戻り、左心房から左心室へと送られ、左心室の収縮により大動脈を通って再び全身に送り出されます。

このように4つの部屋がリズミカルに拍動を繰り返すことにより心臓は効率的に血液を送り出すことができるのです。

メニュー

ペースメーカーの電池交換のタイミングで

MRI対応システムに変更できる可能性があります。

詳しくはボストン・サイエンティフィック ウェブサイトへ

お問い合わせ お問い合わせ閉じる
メニュー メニュー閉じる
ページの先頭へ

お電話でのお問い合わせ

電話アイコン0120-07-9980

月~金 9:00~18:00(祝祭日、休日を除く)

上記受付時間以外、緊急時24時間電話対応

電話をかける
お問い合わせ閉じる