文字サイズ
検索
検索

心臓の基礎知識

心臓の電気の流れ

心電図の仕組み

心臓がリズミカルに拍動するために、心臓には電気信号を発生し、心筋が収縮するように指令を出す伝達回路があります。その中心となって拍動を起こさせる電気刺激を作り出しているのが洞結節と呼ばれる部分です。
ここでは通常1分間に60~80回くらいの電気的興奮が作られます。洞結節で作られた電気刺激は、「刺激伝導系」と呼ばれる心臓内に張りめぐらされた電気の通り道を通って、まず心房を通過して心房の筋肉を収縮させます。

つづいて電気刺激は心臓中心部の房室結節に伝えられ、ヒス束、プルキンエ繊維を通って心室に伝えられて心室の筋肉を収縮させます。このように心房と心室が順番に収縮することによって、心臓は血液を全身に送り出すポンプの役割を果たしているのです。

心臓のしくみについて

心房や心室を伝わる電気刺激を検知して、波形として書き出したものが心電図です。
正常な心電図波形は3つの山で構成されています。最初の山は心房の収縮を示すP波です。P波に続く大きな山はQRS波といい、心室が興奮して収縮していることを表しています。

最後の小さな山は、心室が興奮から回復する過程を示すT波です。心電図の波形を確認することによって、心臓がどのように拍動しているのかを詳しく知ることができるのです。

メニュー

ペースメーカーの電池交換のタイミングで

MRI対応システムに変更できる可能性があります。

詳しくはボストン・サイエンティフィック ウェブサイトへ

お問い合わせ お問い合わせ閉じる
メニュー メニュー閉じる
ページの先頭へ

お電話でのお問い合わせ

電話アイコン0120-07-9980

月~金 9:00~18:00(祝祭日、休日を除く)

上記受付時間以外、緊急時24時間電話対応

電話をかける
お問い合わせ閉じる