文字サイズ
検索
検索

なるほどペースメーカー

ペースメーカーと日常生活

退院後の日常生活

血液の循環について

手術後1~3ヶ月経過し、順調に体調が回復すれば、同年代の方がしているほとんどのスポーツができます。ただし、植込み位置に近い筋肉を続けて動かす運動や激しく体がぶつかる運動は、ペースメーカー本体やリード線にダメージを及ぼす恐れがあるため避けた方がよいと思います。

患者さんによってコンディションは様々ですので、担当の医師に相談するとよいでしょう。

ペースメーカーと入浴

  

入浴が直接ペースメーカーに影響を及ぼすことはありません。しかし、長時間熱い湯に入ることは脈拍を上昇させ心臓に負担をかけますので、入浴時間は短め(10~20分程度)の方がよいでしょう。サウナ風呂も同様の理由であまり長く入らない方が心臓のためにもよいと思います。

なお電気風呂(銭湯などにある湯に低周波電流が流れている風呂)はペースメーカーに影響を与えるため利用を避けて下さい。

ペースメーカーと旅行

ペースメーカーを植え込んでいても自由に旅行できますし、自動車、電車、飛行機、船のいずれに乗ることも可能です。ただし、自動車を運転する場合には、急ブレーキなどによりシートベルトがペースメーカーに衝撃を及ぼす恐れがあるため、シートベルトによる強い圧迫にはご注意下さい。

また、飛行機に搭乗する際には、金属探知機にペースメーカーが反応したり影響を受けることがあるため、係官に心臓ペースメーカ手帳を提示して金属探知機を使用しない方法で検査を受けて下さい。手帳の提示は海外の空港でも有効です。

メニュー

ペースメーカーの電池交換のタイミングで

MRI対応システムに変更できる可能性があります。

詳しくはボストン・サイエンティフィック ウェブサイトへ

お問い合わせ お問い合わせ閉じる
メニュー メニュー閉じる
ページの先頭へ

お電話でのお問い合わせ

電話アイコン0120-07-9980

月~金 9:00~18:00(祝祭日、休日を除く)

上記受付時間以外、緊急時24時間電話対応

電話をかける
お問い合わせ閉じる