文字サイズ
検索
検索

ペースメーカーって?

ペースメーカーの原理としくみ

ペースメーカー本体

ペースメーカーは心臓の徐脈性不整脈を監視して治療するよう設計されており、ペースメーカー本体と、心臓の電気信号を感知したり電気刺激を伝えるためのリードと呼ばれる電線で構成されています。ペースメーカー本体とリードを接続することで初めて治療が可能となります。

ペースメーカーの本体は、表面がチタンという丈夫な金属で覆われており、その内部は長時間の作動を維持するための電池と、頭脳である制御回路でできています。

ペースメーカーは本体に接続されたリードを介して心臓の電気信号を24時間監視し続け、患者さんの心臓リズムを整える必要がある場合には本体から電気刺激を送って治療を行ないます。

ペースメーカーの種類

ペースメーカーには、「シングルチャンバ」・「デュアルチャンバ」の2つのタイプがあります。患者さんの症状に応じて適切なタイプを選択します。

シングルチャンバペースメーカー

シングルチャンバペースメーカーでは、本体に1本のリードを接続し、心房又は心室のいずれか一方を監視して治療を行います。このタイプのペースメーカーは、洞結節からの信号が遅い場合などに選択されます。

デュアルチャンバペースメーカー

デュアルチャンバペースメーカーは、本体に2本のリードを接続し、1本は右心房に、もう1本は右心室に留置します。これら2本のリードにより、心房・心室の両方をそれぞれ監視して治療を行うことができます。デュアルチャンバペースメーカーは、洞結節から送られる信号が遅い場合や、心房から心室への刺激伝導路に何らかの問題がある場合(房室ブロック)などに選択されます。また、心房と心室の収縮のタイミングがずれている場合にも選択され、正常な収縮タイミングを回復 することができます。

メニュー

ペースメーカーの電池交換のタイミングで

MRI対応システムに変更できる可能性があります。

詳しくはボストン・サイエンティフィック ウェブサイトへ

お問い合わせ お問い合わせ閉じる
メニュー メニュー閉じる
ページの先頭へ

お電話でのお問い合わせ

電話アイコン0120-07-9880

月~金 9:00~18:00(祝祭日、休日を除く)

上記受付時間以外、緊急時24時間電話対応

電話をかける
お問い合わせ閉じる